2018年3月16日 (金)

オナニーチャット

大学の時に、彼に一目惚れされました。それからは会うたびに何度もデートに誘われて、一度だけデートに付き合うと今度は「付き合おう、付き合おう。」と何度もプロポーズ。私は根負けをして彼と付き合うことにしました。デートはほとんど彼の家で過ごしています。お互いお金もそんなになかったので家の中でのデートは別に嫌ではありませんでした。ところが彼が私を家に置いて外出した時の事でした。彼のパソコンが気になりいじってみると、ネットの履歴にオナニーチャットと書いてありました。私と言う彼女がいるのにオナニーチャットする彼がすごく怒りを感じ、私は黙って彼の家から帰りました。
ライブチャットをLINEで無料でする同僚の話
数分後彼から連絡がありましたが電話に出る事はなくLINEを送りました。「オナニーチャットを楽しんでね。私はそういう人やらない彼氏を見つけます。」すると彼から再び連絡がありましたが私は電話に出る事はありませんでした。すると今度はLINEが届きました。私は既読をすることもなく無視し続けました。しかし彼と同じ大学と言うこともあって大学で彼に会いました。

「言い訳はしません。もうしません。だからもう一度俺にチャンスをください。」友達にこのことを話すと、これくらいで別れるなんてもったいないよ。彼すごくいい人じゃん。仲直りしたほうがいいよ。と言われたので私は彼ともう一度やり直すことにしました。めんどくさい女かもしれませんが、私はそれくらい束縛が強い女だとこの時改めて感じました。それからの彼は多分そういうサイトは見てないと思います。もちろんそのサイト見ていると分かったらもう別れます。
オナ電
チャットオナニー

最近の記事

無料ブログはココログ